投稿

乙女座新月 in 2020 ~analyse and focus~

イメージ
本日、日本時間の午後8時頃、乙女座で新月を迎えています。乙女座は、混乱している物事を冷静に俯瞰し・分析・整理・優先順位をつけて問題を解決していくことなどに長けたサイン。
今年の乙女座新月は、自分にとって本当に価値があるものと、そうでないものとを見極め、重要な物事に焦点を絞っていく必要性を伝えます。




今年の乙女座新月メッセージは、主に下記のチャートファクターをもとに書いています。(占星術用語に興味のない方は、☆印を読み飛ばしてくださいね)
☆ 第5ハウスでの乙女座新月(月のディスポジター水星 in 天秤座 ・6th) ☆ Angular planets 天王星・土星・冥王星 ☆ 山羊座・第9ハウスステリウム(冥王星・土星はMCにコンジャンクション) ☆ 第12ハウス強調 ☆ 水星木星スクエア(タイト) ☆ 太陽-月Nodal Axisスクエア(タイト), 土星トライン(タイト) ☆ 木星トラインアセンダント(タイト) ☆ 火星 MC-土星-冥王星スクエア ☆ 太陽-月海王星オポジション ☆ 風のサインは水星のみ・水のサインはゼロ(DES, IC, 海王星は除く)地のサイン強め ☆ アセンダント in 牡牛座(chart ruler 金星 in 獅子座・ 4th) ☆ 火星逆行 ☆ サビアン ☆ Nodal Axis in 2nd-8th
***
乙女座と言えば、控えめで真面目。自分に与えられた責任と義務を、冷静に・効率的にこなすことが得意なサインです。
リーダーの補佐的な役割という意味もある乙女座ですが、この新月チャートでは、普段は補佐役の立場であった存在にスポットライトがあたり、トップリーダーとして、重大な責任と役割を担っていくことが示されています。
安倍政権を長期にわたり支え続け、前首相の退陣に伴い、昨日、総理大臣に就任した菅首相ですが、まさに今年の乙女座新月チャートが示すところ。
菅首相は、新型コロナ対策と経済活動の両立を強調しておられますが、それについてもこの新月チャートに示されています。
チャートが示す課題としては、外交活動・コミュニケーション全般・教育関連・交通・コロナ禍で移動が制限されるなかの諸外国首脳との関係構築などがあげられます。
特に今月後半から10月はタフさが求められる可能性も。
今日から菅内閣本格始動ということですが、この新月チャートを見る限り、あまりスピード感は感じられません。その一方で…

ハウス別 火星逆行における見直し事項

イメージ
今日は、「変える勇気が問われる火星逆行」記事の続きです。前回お伝えしたとおり、牡羊座での火星逆行期間は9月10日から11月14日まで。この期間は主に、「この夏、新しく始めたこと」についての「見直し期間」となります。この夏、新しいことは何も始めていないという方も、「これまでの行動や活動」 「過去にチャレンジしたこと」 「エネルギーを注ぐ方向」 「自己主張」 「目的」 「活力」 「トラブル」 「怒りや焦り」
などについて振り返り、再検討する機会を持つといいでしょう。

下記に、火星逆行における見直し・再確認事項について、ハウス別に例をあげています。
今年の火星は牡羊座の28度から15度まで逆行しますので、その位置が自分のチャート上、どのハウスで起こっているかをご確認ください。
自分の出生チャート(ホロスコープ)をお持ちでない方は、ホロスコープ無料サイトなどで作成してからお読みください。
今年の火星が、第1ハウスで逆行中の人危険を顧みず、突っ走る傾向はないだろうか限界に挑むスポーツなどで、身体を酷使していないか攻撃的な自己主張をし、周りを怒らせてばかりいないか何事もやりすぎていないか、など
今年の火星が、第2ハウスで逆行中の人ギャンブルなどに、お金を使いすぎていないか経済的自立に向かい、行動を起こしているだろうか自分独自の才能に自信をもっているか自分の直観を信頼して行動しているか、など
今年の火星が、第3ハウスで逆行中の人相手の気持ちを考えず、攻撃的な話し方をしていないだろうか自説に固執しすぎていないか兄弟姉妹や隣近所から孤立していないか自分の考えに矛盾がないか、または偏っていないか、など
今年の火星が、第4ハウスで逆行中の人努力が空回りしていないか仕事を優先することが原因で、家族と喧嘩していないか社会的野心のため、家庭やプライベートを犠牲にしていないだろうか故郷を離れ、自信を失っていないか、など
今年の火星が、第5ハウスで逆行中の人浮気やリスクを伴う恋愛をしていないか常に刺激を求め、冒険的な行動をしすぎていないか危険を伴う旅行を予定していないか自分の真実と情熱に従って行動を起こしているか、など
今年の火星が、第6ハウスで逆行中の人身体のことを顧みず、働きすぎていないか燃え尽き症候群に陥っていないか仕事のストレスを限界まで溜めていないだろうか詐欺的な仕事に関わっていないか、など
今年の火星が、第7ハウスで逆…

変える勇気が問われる火星逆行 〜Retrograde Mars in Aries〜

イメージ
日本時間の今日9月10日、現在牡羊座を運行中の火星が逆行に転じます。火星が逆行するのは通常2年に一度。牡羊座での逆行は32年ぶりとなり、今回は11月14日まで続きます。
この逆行では、この夏に起こった牡羊座・山羊座対立が再び繰り返される可能性も示唆されています。事故・暴動・全般的な不安・災害などを表すアスペクトであると同時に、世界各地において、権力闘争・反政府デモなどの抗議活動・治安部隊との衝突などが続くことが予想されます(特に9〜10月)。
個人レベルでは、火星は活力の天体でもあるので、身体が怠い・やる気が出ない・無気力・焦りなどを感じる人も増えるでしょう。特にこの数日間は、体調や怪我などに注意し、出来るだけ休息をとるようにした方がいいかもしれません。 また、周りを怒らせてしまったり、逆に誰かにイライラさせられたりすることが頻繁に起こる可能性も。

火星が逆行している間は、攻撃性や衝動性などが自分の内面へと向かうことがあり、この時期は、スポーツなどで内に篭るエネルギーを発散したり、出来るだけゆったりとリラックスして過ごすことが大切です。

火星が魚座から牡羊座に移動したのは、今年の6月末。 牡羊座は火星にとってホームグラウンドとなり、その「行動」エネルギーがダイレクトに出る位置。
その影響から、 勇気を出して、新しいことにチャレンジした人情熱に従い、自主的に・スピーディに行動を起こした人目的に向かい、はじめの一歩を踏み出した人自分らしいリーダーシップを発揮し始めた人自立を決断し、必要なアクションをとった人が、この夏は多くいたことと思います。

そして今後2ヶ月に渡る火星逆行期間では、
「これまでの行動」 「新しく始めたこと」 「エネルギーを注ぐ方向」 「自己主張」 「目的」 「活力」
などについての「見直し」を迫られることとなるかもしれません。
例えば、 頑張りが空回りしていないか燃え尽き症候群になっていないかやりすぎていることはないか直感を信頼して行動しているか自分の意見を無理に押し通そうとしていないか今までやってきたことに自信をなくしていないかなどについて検討してみることも一案です。

この逆行期間で、恐らく最も重要となるのは、
「自分のエネルギーを、本当に価値のあるものに使っているかどうか」
「自分の行動とエネルギーを注ぐ先が、真に望んでいる人生や目的と一致しているかどうか」
などの再確認。
もしここに、ズレ…

水星と金星の移動

イメージ
コミュニケーションなどを司る水星が、昨日から天秤座へ移動しています。風と活動のサインである天秤座を運行する9月27日まで、社交的でサラリとしたつながり、その他多くの人々との知的なコミュニケーション・SNSなどが活発になりそう。また、相手の立場を公平に考えながら行動する人が増えるかもしれません。同時にこの時期は、物事を俯瞰し、冷静に・客観的に判断するスキルを磨く時期ともなるでしょう。
昨日は、金星も蟹座から獅子座へと移動しています。自分の楽しみ・美的感覚・ファッションセンスなどを、芸術やクリエイティブな活動を通じ、自己表現することに集中する時機到来です。そして水星が天秤座に滞在する今後3週間は、金星 in 獅子座が示す創造的な自己表現を、広くアクティブに世の中に発信していくタイミングとなり、同時にその活動が自己価値へとつながる可能性も示します。お金の使い方に関しても、趣味や芸術・恋愛など楽しい活動のために、大胆に使うことになるかも。恋愛関係においては、自分一人で舞い上がってしまう傾向も強まりそうです。9月27日までは意識して、相手の視点に立つことでバランスをとったり、二人の関係の在り方について冷静に考えてみる機会を持つといいでしょう。魚座での満月を経た今、多くの人が自分の人生を見直し、既に必要なくなったものを手放すプロセスにあります。それは人間関係においても同様であり、この機会に客観的に見直してみるといいかもしれません。


↓応援クリックありがとうございます
人気ブログランキング

にほんブログ村

魚座満月 in 2020 〜awakening〜

イメージ
本日9月2日、日本時間の14時23分ごろ、魚座で満月を迎えます。魚座は、「手放し」「ゆだねる」サイン。今年の魚座満月は、「変容」と「意識の目覚め」が近づいていることを伝えます。
今年の魚座満月メッセージは、主に下記のチャートファクターをもとに書いています。(占星術用語に興味のない方は、☆印を読み飛ばしてくださいね)
☆ 魚座満月 in 2nd(月は第7ハウスのルーラー) ☆ 風のサインMCのみ、火のサイン火星のみ(キロン・ICは除外) ☆ 不動サインゼロ(天王星は除外) ☆ Angles-Cardinal signs ☆ Angular Planet - 火星 ☆ 第1ハウス山羊座ステリウム ☆ Aspect Patterns: Mystic Rectangle, Cardinal T-square, Grand Trine ☆ Tight aspects: 金星土星オポジション・太陽天王星トライン・月天王星セクスタイル ☆アセンダントin 山羊座(chart ruler in 1st) ☆ Nodal Axis in 6th-12th ☆Midpoint  ☆満月サビアン

***

8月19日の獅子座新月以降、多くの人が、自分が本当にやりたいこと・向かいたい未来に向け、スタートを切ったのではないかと思われます。今は、恐らくその大半の人が、自分自身に集中している真っ最中ではないでしょうか。
今日は、魚座の位置で迎える満月です。そのチャートには、恋愛を含む対人関係・親子や夫婦関係・金銭・自己価値などについての問題点が浮き彫りになることも示唆されています。
自分のことに集中するあまり、他者に配慮することなく、「私が!」「俺が!」と我を張り突き進む人。
逆に、生活や子供のために自分を制限し、不満を感じながらも相手に尽くし、自己犠牲を続ける人。
今年の魚座満月は、一方に、「思いやりの心」を育むことを、
そしてもう一方には、「自己犠牲」や「依存心」を手放すことを促します。

更に、この満月チャートには家庭内暴力が増える可能性も示唆されています。 特に女性・母親・子供への注意が必要な時期ですが、男性であれ女性であれ、不満や怒りを健全な形で外へ出すことがとても重要です。

魚座満月は、良くも悪くも、感受性や感情が高まる時期。 共感力が高く・周囲に敏感な人は、この時期は、感情移入しすぎないよう自分を守ること・健全な境界線を引くこと…